適切な形式で記述する方法:脚注の定義を



歴史 – たとえば、 – 社会科学に関連したテキストでは、それは4特定の状況で脚注(ページの最後にあります)または文末脚注を含めることが必要である(本文書の最後にあるが、参考文献の前に)。 しかし、あなたが同じ文書に両方のフォーマットを使用することはできず、いずれかの脚注または文末脚注を使用しています。 ここでは、特定の状況は以下のとおりです。

するたびに、 著者の本や記事から直接取ら引用を含んでいる;
、あなたは、1つまたは多数の統計 (軍事間口用キロ、紛争の犠牲者の数は、政府によって与えられた金額など)を含める場合は必ず
非常に正確な発想やアイデアのグループは、別の著者の論証から直接、文字通り取られるたびに;
たびにあなたがあなたのテキストに含まれる概念を定義したり、さらに詳細に説明するためにできるように補足情報が含まれています

脚注または文末脚注を含めるために、我々は所定の基準を尊重しなければならない。 基準は、研究のフィールドから別のフィールドに変更することができます。 したがって、このページに関してで示すフォーマット、より具体的には、歴史の論文(論文、エッセイ、あらすじなど)のための適切な方法論。

ほとんどのワードプロセッサは、それらのユーザーはすぐに自分の文書に脚注や文末脚注を含めることができます。 たとえば、Microsoft Word 2003で、ユーザは、 “脚注”で、最終的には、 “参照”にしてから、メニューの “挿入”オプションをクリックしてしなければならない。

例1:Microsoft Wordの2003(フランス語版)

例2:Microsoft Wordの2007(英語版)

例3:オープンオフィス3ライター(英語版)

ノートには、数値またはアルファベット順になっていますが、同様に様々な種類があります。 皆さんの中には、他の人が顕著なのは、手紙を好むでしょうがローマ数字を使用することができます。 これについては、次のいずれかが必ずしも増加数字または文字であること、それは脚注または文末ごとに複数の参照を含めることをお勧めではないことを心に留めておくと、各ノートが一意であることを言われている。

この最初の脚注に関して参照は完全に正確なソースと、書かなければなりません:

著者の名前が完全に含まれていること(最初の名前、家族の名前)とタイトルはイタリック体で書かれていることを覚えておいてください。いくつかの大学の学部は、イタリック体でそれを置くのではなく、タイトルに下線を引くでしょう。 タイトルの後に、我々は、本が出版された都市、エディタの名前、それが最終的に、公開された年と、ページ番号(複数可)を指定しなければなりません。 リファレンスは、特定のページについているときは、 “p”を含まなければならないが、それはいくつかのページとみなした場合は、 “頁”を示さなければならない。

それは記事の場合、形式は異なっています。

あなたが見ることができるように、記事のタイトルはイタリック体で雑誌やレビューの名前が続く引用符の間に表示される必要があります。 また、後者の名前の前に “の”接頭辞を指定する必要があります。 (それが適用される場合は、年、月、日)その後、我々はボリューム番号および/または物品が最初に発行された日付を示す、それが公開された都市は、発行元の名前とは、最後に、我々はページを含める(複数可)への参照が関係している。

さて、リファレンスが反復的であるとき、我々は何度も何度も完全な参照を繰り返すことを避けるために、いくつかの事前定義された用語を使用することができます:

同上:前の脚注と同じ基準が使用されるたびページ番号が同じでもかまいませんか(その場合には、別のページ番号を示します) 異なる可能性があります ;
同上:前の脚注と同じ基準が使用されるたびページ番号も同じでなければなりません )。 いくつかは、長期使用を好むだろう “同書を”。
前掲書基準以前に脚注や巻末の注のように述べ、 直接ではなく前に処せられた者
Loc.cit: 記事参照以前脚注または文末脚注のように述べられているように、 直接ではなく前に処せられた者

これは、 “前掲書”、 “ローマのサイレント女性”、フィンリーの記事の66ページを参照する。

同じ記事で、同じページ(P.66):この場合、基準は以前のもの(脚注3)と同じです。

この第五の基準については、私は前掲書を使用しています。 ボグダンが既に脚注または文末脚注として挙げ直接ではなく前のノート(脚注4)にいたので、(それはです。) 私もそれが参照するページ番号を明記しなければなりません。 多くの異なったボグダンブックが以前脚注または文末脚注として含めた場合、私は混乱を避けるために、本 ​​の名前を指示しなければならないでしょう:ボグダンは、Histoire desは電話、 東駅デを支払う 。 59。

同じ脚注5のような説明が、私はloc.citを使用していました。 代わりに、ので、それは記事です。

電子関連性に関して

あなたはインターネットのウェブサイトからの電子の参照を含める必要がありますときには、いくつかのフォーマットを使用することができます。 APAMLAのスタイル:私は、あなたが適切な形式を尊重するために使用することができます2一般的なフォーマットを提案する。

APAスタイル

家族の名前と著者の姓(S)(発行年)。物品のか、インターネットのウェブサイトのタイトル(イタリック体で)。 とウェブサイトのアドレスあなたがあなた自身の文書( これは、情報を必要とされないことに注意して月、日、年)にそれを含めるために、ウェブサイトから情報を取得した日付。

すなわち:

MLAスタイル

著者(および共著者)の名前を示していないWebサイトから:

イタリック文字でウェブサイトのタイトル。 <source>は :あなた自身のドキュメント(月、日、年)と、この形式のウェブサイトのアドレスにそれを含めるために、ウェブサイトから情報を取得した日付

著者の名前が明確に特定されているウェブサイトから:

家族の名前と著者(s)のファーストネーム。 <source>は :あなた自身のドキュメント(月、日、年)と、この形式のウェブサイトのアドレスにそれを含めるために、ウェブサイトから情報を取得した日付

BIBLIOGRAPHY

あなたの論文に参考文献を含めることに関して覚えておくべき、いくつかの概念:

– 参考文献は、基本的に、記事や書籍、そして/または、概念化の準備とあなたのエッセイを書くために使用される情報の他のソースのリストです。
– あなたは、この特定のソースが論文に提示1つ以上の概念の全体的な理解が必要であったことを考えればソースは脚注、文末脚注、または電子基準として紙に含まれていなかった場合でも、それはまだ参考文献に追加しなければなりません;
– あなた自身やあなたのエッセイに関係ありませんソースで読んだわけではありませんソースは参考文献に含めてはならないことに留意してください。
– 参考文献のセクションには、文末 ‘セクションおよび/または附属書の後に、あなたのエッセイの最後に、独立したページに表示される必要があります。 しかし、あなたは(または出版社の他のタイトル)を発表し、他の書籍のプレゼンテーションのための最後のセクションが含まれていた場合、書誌は、セクション “同じ著者から”その前に現れるだろう。
– 著者のファミリ名は、アルファベット順に参考文献に含まれている必要があります;
– 著者のファミリ名は大文字の文字として表示される必要があります;
– 書誌参照が以前の基準と同じ作家からのものである場合、あなたは(これは何度も同じ名前を繰り返して回避します)下線で著者名を置き換えることができます。
-書誌参照は、単一行のテキスト以上のものを必要とする場合、次の行は、左側に10%-20%空白(水平方向の配置)と同等のものを持っている必要があり、この要件は必須ではありませ
– 参考文献のセクションはいくつかのサブセクションに分割することができます。 各サブセクションは、ソース ‘メディアタイプを表します。 したがって、我々は特に、書籍、レビュー記事や電子源のサブセクションを含むことができる。 いくつかはまた、 “一般的なソース”と “特殊要因”としての参考文献の節を分ける:このような場合には、各部門は、書籍、総説および/または電子的参照のためのサブセクションを含めることができます;
– そして一度あなたの参考文献の節が行われ、適切にあなたの論文に含まれて、それはいくつかの空白ページを追加することをお勧めすることができます。 本を出版すると、出版社は通常、空白のページが必要です。 これはまた、 ルル、BlurbのQooPとしてデマンド(POD)を会社でプリントを通して自費出版の場合も同様です。 あなたのエッセイや本を出版することにした場合の総ページ数は4(4)で割り切れなければならないことを覚えておいてください。 あなたの参考文献の節は85ページで終わる場合たとえば、あなたは、次の3つの余分な空白ページ(頁86から88)を含めなければならないでしょう。

書誌参照の例

完全な書誌の例

文献項目のスタイル

APAスタイル

シカゴ·スタイル

GB7714

GOST(名前のソート)

GOST(タイトル順)

ISO 690

ISO 690(数値)

MLAスタイル

シスト2

トゥラビアンスタイル


* This article has been electronically translated. The original version of the document is available in English and in French.



Advertisements

Comments / Commentaires