適切な形式で記述する方法:脚注の定義を

歴史 – たとえば、 – 社会科学に関連したテキストでは、それは4特定の状況で脚注(ページの最後にあります)または文末脚注を含めることが必要である(本文書の最後にあるが、参考文献の前に)。 しかし、あなたが同じ文書に両方のフォーマットを使用することはできず、いずれかの脚注または文末脚注を使用しています。 ここでは、特定の状況は以下のとおりです。 するたびに、 別の著者の本や記事から直接取ら引用を含んでいる; 、あなたは、1つまたは多数の統計 (軍事間口用キロ、紛争の犠牲者の数は、政府によって与えられた金額など)を含める場合は必ず 非常に正確な発想やアイデアのグループは、別の著者の論証から直接、文字通り取られるたびに; たびにあなたがあなたのテキストに含まれる概念を定義したり、さらに詳細に説明するためにできるように補足情報が含まれています 。 脚注または文末脚注を含めるために、我々は所定の基準を尊重しなければならない。 基準は、研究のフィールドから別のフィールドに変更することができます。 したがって、このページに関してで示すフォーマット、より具体的には、歴史の論文(論文、エッセイ、あらすじなど)のための適切な方法論。 ほとんどのワードプロセッサは、それらのユーザーはすぐに自分の文書に脚注や文末脚注を含めることができます。 たとえば、Microsoft Word 2003で、ユーザは、 “脚注”で、最終的には、 “参照”にしてから、メニューの “挿入”オプションをクリックしてしなければならない。 例1:Microsoft Wordの2003(フランス語版) 例2:Microsoft Wordの2007(英語版) 例3:オープンオフィス3ライター(英語版) ノートには、数値またはアルファベット順になっていますが、同様に様々な種類があります。 皆さんの中には、他の人が顕著なのは、手紙を好むでしょうがローマ数字を使用することができます。 これについては、次のいずれかが必ずしも増加数字または文字であること、それは脚注または文末ごとに複数の参照を含めることをお勧めではないことを心に留めておくと、各ノートが一意であることを言われている。 この最初の脚注に関して参照は完全に正確なソースと、書かなければなりません: 著者の名前が完全に含まれていること(最初の名前、家族の名前)とタイトルはイタリック体で書かれていることを覚えておいてください。いくつかの大学の学部は、イタリック体でそれを置くのではなく、タイトルに下線を引くでしょう。 タイトルの後に、我々は、本が出版された都市、エディタの名前、それが最終的に、公開された年と、ページ番号(複数可)を指定しなければなりません。 リファレンスは、特定のページについているときは、 “p”を含まなければならないが、それはいくつかのページとみなした場合は、 “頁”を示さなければならない。 それは記事の場合、形式は異なっています。 あなたが見ることができるように、記事のタイトルはイタリック体で雑誌やレビューの名前が続く引用符の間に表示される必要があります。 また、後者の名前の前に “の”接頭辞を指定する必要があります。 (それが適用される場合は、年、月、日)その後、我々はボリューム番号および/または物品が最初に発行された日付を示す、それが公開された都市は、発行元の名前とは、最後に、我々はページを含める(複数可)への参照が関係している。 さて、リファレンスが反復的であるとき、我々は何度も何度も完全な参照を繰り返すことを避けるために、いくつかの事前定義された用語を使用することができます: 同上:前の脚注と同じ基準が使用されるたびに 、 ページ番号が同じでもかまいませんか(その場合には、別のページ番号を示します) 異なる可能性があります ; 同上:前の脚注と同じ基準が使用されるたびに ( ページ番号も同じでなければなりません )。 いくつかは、長期使用を好むだろう “同書を”。…

This content is for Premium Content members only. Please login or register to have access to this web page and to our articles related to footnotes, endnotes, electronic references and bibliography methodology, including the Frequently Asked Questions’ section.

Ce contenu est disponible seulement pour les membres enregistrés (Premium Content). Veuillez vous connecter ou vous enregistrer afin d’avoir accès à cette page web ainsi qu’aux articles concernant la méthodologie bibliographique et les notes de référence, incluant la section Frequently Asked Questions.

Log In Register